定期検査で早期発見

困っている人

BMIが25以下の標準体重か痩せ型の人でも、糖尿病を発症する人が多くいます。痩せているからと油断はできません。日本人はインスリン分泌能力が弱いことが原因のようです。小岩の病院では糖尿病検査を行うことができます。検査結果も当日中には出るでしょう。年に1度検査を受けることで、早期発見につながります。

» 詳しく見る

都合の良い病院を探す

ドクター

新宿で病院を探す時には、インターネットで検索をすると、必要な情報がすべて載った一覧を確認することができます。新宿にある内科の病院は会社勤めをしている人でも、勤務後に受診できるように遅くまで診察時間が設定されています。

» 詳しく見る

理想の医療

相談

在宅医療を選択すれば病院に通わず家にいながら医療サービスを受けられるのです。世田谷区で在宅医療を依頼する場合はクリニックを良く選びましょう。在宅医療であれば待ち時間ゼロで診察と治療を受けられるため、患者さんの健康にとって安心です。

» 詳しく見る

インスリンの役目

他の病気の併発に注意

患者と医者

糖尿病はインスリンが十分に作用せず、ブドウ糖が有効に使われていない為、血糖値の高い状態が長く続く状態の病気です。早期に治療しないと身体の他の部分に悪い影響が出て来ることがあります。1型糖尿病は思春期の若者に多く、自分でインスリンが作れません。男性より女性に多く発症します。2型糖尿病は中高年に多く、肥満や生活習慣のためインスリンの働きが悪くなっているものです。加齢とともに増加し糖尿病の90パーセントを占めています。初期の自覚症状があまり無いこともあり、早期発見はなかなか難しいとされています。高血糖が続くと他の病気を呼び込むことも考えられます。糖尿病の治療を放置した場合の合併症が網膜症や腎臓、神経障害など細い血管に及ぼす病です。

生活習慣の見直し

糖尿病は生活習慣から起こることが多いと言われており、治療は食事療法を基本とします。バランスのとれた食習慣を身につけ、日常生活に必要な栄養素を過不足なく摂取することです。食事の回数は一日3回とし、4時間から5時間の間隔を空けます。回数を減らした「まとめ食い」は禁物です。外食や調理済みの食品は総エネルギーが高く、塩分や糖分の取りすぎにも繋がります。野菜やミネラルの不足分を家庭での食事で補うようにします。適度な運動も筋肉でブドウ糖や脂肪の利用を増加するため、インスリンの働きが活発化して血糖のコントロールが良くなります。食事療法と運動療法を2ヶ月から3ヶ月続けているにもかかわらず、血糖のコントロールが改善されない場合には、内服薬や注射薬での治療をすることになります。